menu

オーガニックオイル人気最新情報※モデル愛用!注目のオイルとは

【ホホバオイルの効能】肌にやさしい秘密とその効果とは?

「ホホバオイル」は、主にアメリカ・メキシコで自生する植物、ホホバの種子から抽出されるオイルです。
砂漠地帯の過酷な環境でも生息する生命力から、ネイティブインディアンはそのパワー溢れるオイルを生活にとりいれていました。

最近ではオーストラリア、イスラエルでも栽培されるようになり、日本でもマッサージオイルとして人気のオイルとなっています。
クリアな色のポピュラーなホホバオイルでもその効果は十分ですが、特にゴールデンホホバと呼ばれる、黄色の未精製のオーガニックオイルはより優れた成分がたっぷり含まれ、効果も高いと言われています。

ホホバオイルが注目される点は、乾燥肌やしわを防ぐ高保湿力。
また抗菌力の高さも注目されており、アトピー肌や皮膚トラブル肌への効果も期待されています。

使用法としては、化粧水や乳液、クリームと混ぜて毎日のスキンケアに使用するのが一般的。
オイリー肌、混合肌、敏感肌など自分の肌質にあわせて作れる手づくり化粧水や手作り石鹸も人気です。

また、ホホバオイルには、バクテリアの殺菌力、静菌力、除菌力があることがミシガン大学やポートエリザベス大学の発表で認められています。
アトピー肌はバクテリアや、ブドウ球菌(黄色ブドウ球菌)、シュードモナス菌などによって肌が炎症を起こす事が原因のひとつと言われているので、保湿効果と殺菌効果をもっているホホバオイルは、普段のケアに向いているといえます。
ただし、炎症をすぐに直す効果はありませんので注意してください。

その他にも注意したい使用方法があります。
殺菌作用があるからと言って医療用の消毒液(グルコン酸クロルヘキシジンがはいっているもの)などに抵抗のある方が、ホホバオイルを代用することもあるようですが、症状に合わない場合もありますので、必ずかかりつけ医と相談した上でご使用ください。

また、日焼け止め効果が言われているホホバオイルですが、基本的に植物オイルには紫外線A派を防ぐSPF値のみで、B派を防ぐPA値はほぼないとされています。
よってホホバオイルはスキンケアとして使用し、紫外線ケアはしっかり行うことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加