menu

オーガニックオイル人気最新情報※モデル愛用!注目のオイルとは

超話題!ココナッツオイルの効果的な使い方と人気の理由を紹介!

最近、日本でも話題になった「ココナッツオイル」。
ココナッツオイルは、ヤシの実の堅い殻の中にある白色の胚乳から抽出されるオイルで、ポリネシアから熱帯アジア原産ですが、現在はスリランカやタイ、フィリピンからも日本に輸入されています。

牛脂やバターと同じ飽和脂肪酸という種類に分類されるちょっと変わった植物オイルで、酸化しにくく常温で固体になるため、ホイップクリームの香料など加工品としても利用されています。
中鎖脂肪酸が全体を占め(亜麻仁油などのオメガ3系に多く含まれるアルファリノレン酸は含まれていません)消化吸収しやすいことで体内で早くエネルギーに変わる特徴があります。
そのため中性脂肪として蓄積されにくいこと、さらに便秘改善の効果もあるので、ダイエットオイルとして注目を浴びました。

ミランダ・カーなど海外セレブが愛用したこともブームのきっかけです。
他にもTV「世界ふしぎ発見」ではココナッツオイルで体重や体脂肪が大幅に減少したダイエット検証や、テレビ「林修先生が驚く初耳学!」ではココナッツオイルを入れて白米を炊くとカロリーが半分なるという驚きの情報もありました。

そしてココナッツオイルのもうひとつの大きな特徴が、ケトン体という物質を作り出すこと。
ケトン体は栄養分となって脳を活性化し、認知症やアルツハイマーの緩和に効果があると言われています。
食用としての摂り方は、料理に使用、そのまま小さじ1杯〜大さじ1杯をコーヒーにを入れて飲む、ヨーグルトやシリアルに混ぜ込む、など手軽な方法が紹介されています。

ただしダイエットを目的なら、ココナッツオイルの摂取量を増やし、同時に糖質制限も行う必要があります。
糖質が含まれる炭水化物も控えなければなりません。
さらに注意すべき点は、油なので高カロリーだということ。
オイルの摂りすぎで逆にカロリーオーバーという副作用を起こしてしまわないように気をつけてください。

食べるだけででなく、そのまま髪や肌につけると美容オイルとして使用できます。
また口臭や口内環境の改善にはオイルプリングもおすすめ。

手に入りやすくなったココナッツオイルですが、オーガニックのもの、低温圧縮したバージンココナッツオイル、精製されたココナッツオイルなど、種類も価格にも幅があります。
味や香りにも個性があるので、ココナツ独特の香りが苦手な場合は、匂いの少ない精製タイプやサプリメントタイプを選んでみるのもおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加