menu

オーガニックオイル人気最新情報※モデル愛用!注目のオイルとは

【ローズヒップオイル】の効果と使い方。美肌を目指すならコレ!

「ローズヒップオイル」は、南米のチリ、アンデス山脈を原産とするドックローズという品種のかわいい赤い野バラの実からとれるオイルです。
ハーブの一種で、さわやかで甘酸っぱい芳香のハーブティとしても人気があります。
ビタミンA、ビタミンB、ビタミンE、カロチンの他、ビタミンCがとても多いのが特徴で、美白効果、しみ、シワの予防、肌荒れや毛穴の黒ずみ、にきび、肌の老化防止にも効果があります。

その美容効果の高さは肌へ直接つけても実感でき、オイルクレンジング、洗顔後の化粧水、美容液、保湿クリームやジェルに混ぜて使う方法もおすすめ。
同じくアンチエイジング効果のあるフランキンセンスなどの精油の原液をローズヒップオイルに数滴ブレンドしたり、同じバラの香りのローズウォーターを化粧水として使うと、さらに効果が期待できます。

女性にうれしい成分たっぷりのローズピップオイルですが、より高い効果を引き出すにはオーガニックやローズヒップ天然油を使っている高品質のものを選ぶことは大切です。
ただし、ローズヒップオイルは化学変化を起こしやすく酸化しやすいので、安定性が低く長期保存に向かないというデメリットもあります。
開封後は使用期限に注意して酸化した油は使わないようにしましょう。
レモン、ベルガモットなど柑橘系オイルに起こる光毒性を心配する声も聞きますが、ローズヒップオイルには紫外線での光毒性はありませんのでご安心を。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加